モテる男性の服装・元女性アパレル店員が教える好印象コーデ

オシャレな男性

合コンで女性にモテたい!好意的に思われたい!と思っていても、実際にはどんな服装が好印象なのか、相手がどんなところを見ているのか分からない男性は多いはず。

また、服装には気をつけているつもりだけどイマイチいつも進展がなく合コンの常連になっているなんて人もいるのではないでしょうか。そんな悩める男性の大きな間違えの多くは「自己流ファッション」に原因があるかもしれません。

日本人は欧米人と比べ、顔つきが幼く体格も小柄なため、全体的にキレイめにまとめた方が大人っぽく見えカッコ良くなるのです。

ズバリ、メンズに限らずファッションで初対面の女性に好印象を与えるには「シンプル」「サイズ感」「清潔感」の3つがとても重要です。

Contents

モテ服の必須条件はシンプル・サイズ感・清潔感!

初対面の女性に好印象を与えるためには、最低限「嫌われない」という点を意識しなければいけません。

勘違いしやすいのは、高いブランド服ばかりでコーディネートしたり、流行っている個性的なアイテムを使ったりすること。上から下まで同じ高級ブランドで揃えたり、芸能人のような個性すぎる恰好は初対面の女性が見たときに「これはないな・・」と思われるリスクがたかく、とても危険です。

変に「かっこいいと思われたい」「デキる男って思われたい」と力んでしまいドン引かれてしまっては元も子もありません。

まずは「シンプル」「サイズ感」「清潔感」の3つのポイントを意識して服装選びをするだけで、グッと印象が良くなりますよ。

ただしTPO・年齢に合わせた服装が重要

TPOとは、時・場所・場合の意味です。服装も場をわきまえる必要があるため、いくら女性ウケする服装でカッコよくても場が違うと、逆効果にもなりかねません。

女性によい印象を与える服装というのは、「シンプル」「サイズ感」「清潔感」の3つのポイントに加えて、TOPや、年相応の服装を心がけることも含みます。

例えば、ちょっとオシャレなレストランでの合コンになった場合や、一般的な婚活パーティーに参加する場合は、ウールのジャケットで上品な印象を持たせます。

逆に居酒屋などカジュアルな飲食店の場合、あまりカッチリし過ぎた服装で参加すると浮いてしまう可能性があるので、お店の雰囲気や参加する人から意見をもらうと安心です。

年齢にふさわしい恰好・コーデできてる?

また年相応の服装ができているのかということも、気が付かない方がおおいようです。

好きな格好をすることは良いことですが、男女の出会いを目的としているのであれば一度、客観的に自分の服装を見てみましょう。

周りにいる同世代の男性と比べ「違和感はないだろうか」「子どもっぽく見えないか」「老けて見られないか」確認します。

自分では判断できない、不安と感じる場合は親しいオシャレでモテる同性の友人や、服屋の店員さんに相談してみると安心です。

ちょっとオシャレな小物を使うことで印象UP!

ストールやマフラー、財布や名刺入れや眼鏡など、ちょっとしたファッション小物を使うことで印象を変えたり、オシャレだなと一目置かれる存在になれたりします。

個人的なオススメは財布や名刺入れを上質で、印象に残るデザインのものにすることです。ただ何も派手な色柄にしろと言っている訳ではありません。

手元に取り出した際、周りから「この人オシャレだな」「きっと仕事もデキる人なんだな」と感じさせることが重要です。

そんなちょっとした配慮できたら、きっと女性はあなたともっと仲良くなりたいと興味を持ち、自ら積極的に話しかけてくることも多くなると思います。

モテ服の選び方1:シンプルなベーシックな色やデザインは好意的にみられやすい

服のデザインや柄をシンプルなものにすると、少なからず嫌悪感を抱かれることはありません。ベーシックでシンプルな色柄、過度な装飾がないデザインのアイテムを選ぶだけで、どんな場面でも違和感のない、年相応の女性ウケする服装に仕上げることが出来ます。

基本的には無地や織柄、ワンポイントを意識してベーシックなカラーを使ったアイテムを、全体のバランスを確認しながらコーディネートしてみましょう。ベーシックな色を具体的に説明すると以下の6色が基本になります。

    ※ベーシックカラーとは主張の少ない以下のような落ち着いた色合いのことを指します。

  • グレー
  • ネイビー
  • ベージュ
  • ブラウン

モテ服カラーコーデの応用1:清潔感と知性を感じさせる色柄を取り入れる

女性が男性に求めるのは「誠実さ」や大人の「余裕」といったものが挙げられます。それらを相手に感じさせるために、ファッションアイテムのデザインだけでなく、色に関しても気を遣わなくてはいけません。

いくら清潔に保った洋服でも、コーディネート全体の色味や合わせ方によってはマイナスのイメージを与えてしまう可能性もあります。そうならないためにも、色が与える印象についても少しだけ意識して活用してみると女性からの印象も変わってくるはずです。

そのなかでも、白や青系の色は清潔さや知性を感じさせる効果があります。夏の暑い季節や、少し知的にみせたい場合などシーンによって上手に取り入れてみるとよいと思います。

モテ服カラーコーデの応用2:ベーシックカラー+暖色系の差し色でオシャレにまとまる

先述したとおり、基本的には6色のベーシックカラーでコーディネートを組みますが、それだけでは「つまらない」と感じたり、デートや合コン会場の店内が薄暗い場合は、同化してしまうのを避けるため、差し色を取り入れるとオシャレな印象を与えることができます。

例えば、ベーシックカラーのコーデに、暖色系である赤系やオレンジ系の小物をワンポイントいれると華やかさも増し、オシャレな印象を与えます。注意点として、差し色を使うのは、ネクタイやメガネ、時計のベルトなどの小物にすることです。

アクセントカラーは大きく主張するのではなく、さり気なく施すからこそ活きてくるものです。面積の狭い小物で遊び心を表現してみましょう。

モテ服の選び方2:自分のカラダにベストなサイズを選ぶ

大きすぎず、ピッタリしすぎない最適なサイズ感のアイテムを選ぶのは、モテる服装をつくるために大切なことです。サイズの目安として確認する箇所はトップスやアウターは、着丈・肩幅・ゆき丈・身幅の4つ。パンツはヒップサイズと丈の長さの2つを基準に選びます。

自分に合ったサイズを意識するだけで「だらしない」「ダサい」「キメすぎ」といったマイナスイメージを避けることが出来ます。以下にチェックポイントをサイズのはかり方の目安を記載しておきますので参考にしてください。

適切な服サイズの見方・着丈・肩幅・裄丈・身幅・ヒップ(パンツサイズ)・パンツ丈
カラダにピッタリ合うサイズ感の服を選ぶための各チェックポイントについては以下を参考にしてください。
ワイシャツの場合は、シャツをパンツの中に入れるので長めの着丈を選びます。

大体の目安は、お尻の半分かかるくらいを基準に選びましょう。Tシャツを含むカットソーはベルトが隠れる長さのアイテムを選ぶと野暮ったく見えません。

きれいに着こなすため最も重要なポイントです。ダボつかせたり、タイト過ぎるのも相手に良い印象を与えないので注意しましょう。

肩幅を見る際のポイントは、服の見頃と袖部分を縫い合わせている肩のラインが、自分の肩と同じ位置に来るものを選びます。実際の肩より外側に来ていると大きすぎ、内側だと小さいと判断すると分かりやすいはずです。

裄丈とは袖の長さを指します。長いとフォーマルに、短いとカジュアルな印象を与えるので、見せたい印象や全体のバランスを考え選びましょう。

ただ個人的に7分袖や半袖だと、20代後半から30代以上の大人の男性には子どもっぽい印象を受けるので、一般的な合コンでは避けた方が良いと感じます。

ワイシャツの裄丈を選ぶポイントは、手首のくるぶし中心、もしくは親指の付け根までを目安に選びます。
ちなみにワイシャツの袖を2回ほどまくると大人の男性らしい色気が、モテる仕草として女性から好まれます。

身幅とは胸回りとお腹まわり、ウエスト部分を指します。大きすぎるとだらしない印象になるので、胸を張っても締めつけ感のないサイズを選ぶのが大切です。
具体的にはワイシャツとカットソー共に以下のサイズを目安にします。
・バスト…実寸+約15〜20cm
・ウエスト…実寸+約10〜15cm
パンツはヒップのサイズを基準に選ぶことによって、下半身全体のサイズに自然と合いキレイなパンツシルエットが手に入ります。

ヒップで合わせるとウエストが合わない場合があるので、自分のサイズに合わせ直してもらいましょう。それが嫌だ、面倒と感じるのであれば直接、床に座ってみて苦しくないサイズを選ぶようにします。

パンツ丈は長すぎるとだらしなくなるので、くるぶしを基準に考えると分かりやすいです。

くるぶしがちょうど隠れる程度はノークッション、そこから更に1cm程長いとハーフクッション、更に1cm長くするとワンクッションと裾の長さを見るポイントになります。

靴を履いた状態だと以下のようなイメージになるので参考にしてみてください。
・裾が靴の甲に当たらない…ノークッション
・裾が靴の甲に軽く当たる程度…ハーフクッション
・裾が靴の甲で1折りできる程度…ワンクッション

清潔感にも気を付けて!服のシワ・シミは要チェック

どんな人でも不衛生で汚い服を着ている人とは出来るだけ距離を置き避けたいと考えるはずです。服をきちんと洗濯するのは勿論、ニオイや、シワや汗の黄ばみ、虫食いなどがないかも確認しましょう。

また、多くの男性で見られる傾向に、購入から何年も経ったデザインの古い服をずっと着ているという人も見られます。気に入った服だから大切にしているというのは良いことですが、結論から言うと3年以上前に買った服は選ばないのが正解です。

何故なら、一般的に洋服は、3年程でデザインの流行りも細かく変わったり、長年の着用と洗濯ダメージでヨレヨレ、くたくたになっています。きれいに洗濯、アイロンがけしていても洋服そのものに傷みが出ている場合もあるので、3年以上前に買った服を合コンやデート時に着ることはおすすめできません。

合コンや初デートにおすすめ!20代〜30代の大人の男性にふさわしいファッションアイテム

具大的にそのようなアイテムをどのように着こなせば女性にモテるのか。20代~30代のファッションを目安に4つのアイテムを厳選させて頂きました。ぜひご自身のコーデに取り入れてみてはいかがでしょうか。

テーラードジャケットは統一感をだすのに便利アイテム


テーラードジャケットは見ためはスーツの上着と同じようなデザインで、ショップやブランド、ファッション雑誌によって定義はさまざまですが、統一してきちんと感を出すのに最適な定番アイテムです。

素材は、スーツと同じ高級感を演出できる「ウール」や春から秋の長い期間で着用できる「綿(コットン)」、暑い夏でも快適に着られる「麻(リネン)」があります。素材により年中着用できるものから、季節感を感じられるアイテムもあるので、与えたい印象やTPOで使い分けましょう。

着方のコツとしては、ジャケットの一番下にあるボタンは留めずに開けた状態をおすすめします。なぜならボタンをすべて留めてしまうと、上着にシワが出来てしまい、型が崩れてしまうからです。

ちなみに、座っている時は全てのボタンを外すことも、ジャケットをきれいに着用するポイントになります。

ニットタイはサッとカジュアルにイメチェンできる便利アイテム


会社帰りに彼女と待合せたり、合コンに直接向かう場合がおおいという方にはニットタイがおすすめ。ウールやコットン、シルクなどの天然素材の質感や季節感、編み方によって、ちょっとした遊び心を感じられるのが特徴です。

ニットタイはカバンに入れておいても、軽くかさばらないので、普段常備しておいて急いでいる時でも、サッと数分でイメージチェンジ出来るため、忙しいビジネスマンにはオススメのアイテムです。

ちなみに、顔の近くにあるため目につきやすいネクタイを、女性好みのデザインにすると「そのネクタイ可愛いね」と興味を持ち会話のネタになることも少なくありません。

襟付きシャツは誠実な印象を与える便利アイテム


目につきやすいトップスには、誠実な印象を与えることが出来る襟付きシャツを選びましょう。ワイシャツだと少し固すぎる場合には、よりカジュアルなポロシャツでもいいですね。
なかでもおすすめは、ボタンダウンです。衿先と見頃部分がボタンで留められたカジュアル度合いの強いシャツで、ネクタイを締めなくても首元がだらしなくならず、窮屈さを感じさせない程よいリラックス感を印象づけられます。

例えばジャケットをスーツと同じウール素材を選んだら、シャツはボタンダウン+ノーネクタイでラフな印象を与えることができます。

このように、全体のバランスを考え「どう見せたいか」「TPOに合った服装」を考えてみると、グッと選びやすくなるはずです。

テーパードパンツは体形が気になる方もスッキリみせられる


裾に向かって次第に細くなっていくパンツのことを「テーパードパンツ」と言います。スキニーとは違い腰回りはゆとりがあり、カジュアルな印象を与える万人向けアイテムです。

体型が気になる場合は、タック入りのテーパードを選ぶとラクに着用でき、スッキリとしたシルエットも手に入れられますよ。他に合わせる服のデザインや色によって、ラフからカッチリと幅広いファッションに応用可能です。

オススメは、カジュアル感を味わえるチノパンタイプで、色はどんな場面でも失敗しない黒を選ぶようにしましょう。裾は9分丈にすると、足元がスッキリして見えスマートに見えると言われています。

ゲンナリしちゃう女子ウケNGなメンズファッション5選

では、ここで初対面の女性が思わず引いちゃう非モテファッションを紹介します。

細かく挙げていくとまだまだ沢山ありますが、代表的な例を5つ説明するので、自分に当てはまるものはないか確認しながら見てみましょう。

・シンプル過ぎる&カジュアル過ぎるのはNG

最近は男性にも「オシャレしない=ダサい」といった見方をされる傾向にあるため、年齢に合ったファッションセンスが求められています。

シンプル、カジュアルはどんな人にも好まれる服装ですが、冒頭で説明した通り日本人は元々、欧米人に比べ顔つきが幼く体格が小さいので、無難すぎる服装は子どもっぽく見えてしまうのです。

そうならないために、キレイめとカジュアルの割合は9:1もしくは8:2を心がけましょう。

・短すぎるハーフパンツはNG

膝上丈のハーフパンツ、特に太もも辺りまで短い丈のパンツは避けた方がいいです。初対面の女性たちの前で、脚を露出した服装で合コンに参加すると気持ち悪がられてしまいます。

また、2018年のメンズ水着では膝上丈のショーツがトレンドでしたが、普段のファッションではせいぜい膝にかかる程度のパンツにするのが正解です。

女性と仲良くなったり、海でのデートなどTPOに合う時に活用するようにしましょう。

・裾や袖の折り返しがチェック柄もNGがおおい

ハーフ丈チノパンの裾や、シャツの表側にボタンが並べてある帯状のパーツがチェック柄になっていると、子どもっぽさを感じます。

いくらカジュアルな合コンだからといっても、大人の男性がこんな幼稚な格好をしていたらドン引きする女性がほとんどです。

せいぜい高校生までのファッションなので、持っている人は決して女性の前で着用しないよう注意してください。

・和柄&英字の主張が強いプリントはNG

威圧感のある龍や虎などの和柄、びっしりと全面にプリントされた英字Tシャツは主張が強く嫌悪感を抱く人が多いです。

どうしても取り入れたいのであれば、ワンポイント程度でさり気なく、そして遊び心を感じられるアイテムを選ぶとよいでしょう。

オタクや子どもっぽくみられない程度で、王道キャラクターとコラボしたものだと会話のネタになる可能性もあります。

ただ、リスクが高いので初対面の女性と会うときは避けた方が安心です。

・ロック&ヴィジュアル系は個性が強すぎるためNG

好きな方はこだわる傾向にあるファッションスタイルですが、一般的にはあまり好意的に見られません。

特に、先が尖った革靴やブーツ、激しいダメージ加工のあるデニムパンツなどは、ホストやナルシストといった印象を与えるため避けたい服装のひとつです。

また、ゴツゴツしたウォレットチェーンも女性からは不人気となっています。

実用性があり男性からは好まれ、2017-2018年のトレンドアイテムにもなっていますが、実用するときは新しいデザインのシンプルな物を選びましょう。

モテる服装だけでなく小物も大切!女性からプラス評価を得られるファッションポイント

女性が注意して見ているチェックポイントは服装だけではありません。意外と靴の汚れや爪など小物までチェックすることもおおいので、あらためて自分の持ち物や姿を確認してみましょう。

ハンカチやティッシュは絶対に抑えておきたい必須アイテム

目立たないハンカチやティッシュこそ、いざ出番が来た時にちゃんと用意していないと、他の男性ライバルに差をつけられる原因にもなります。

そんな誰でも基本的に持っているアイテムだからこそ、シンプルで上質なものを選ぶと女性から「おっ!オシャレだな」と思われる確率もたかいと思います。ポケットティッシュはきちんとティッシュケースに入れておくと、衛生的で相手に嫌悪感を与えません。

ひとつ持っておけばどんな場面でも使えるので、アクセントカラーになる上品なケースを探してみましょう。

手入れされた靴は全体の清潔感に影響する

キレイに手入れされた革靴を見ると女性は「ステキだな」「オシャレだな」と好意的に感じます。

代謝がよく汗のかきやすい男性の足元は、雑菌が溜まりやすくそのままにしておくと不衛生です。毎日、同じ靴を履くのではなく最低でも3〜4足をローテーションさせ、1日履いた靴は2、3日休ませるようにして湿気を逃しましょう。

また、特に革専用のブラシで汚れを落とし、栄養を与えるクリームや光沢の出るワックスを塗るなど手入れをすると靴も長持ちします。

整えられた髪型やヒゲ、爪がモテ服をさらに洗練して魅せる

多くの男性の場合、髪型やヒゲはきちんと整える人も多いですが、指先や爪の手入れは見落としている可能性が高いです。

乾燥する季節や毎日、書類や水仕事をする場合は手先が荒れやすくガサガサになっています。また、爪を切らず伸ばしっぱなしだと汚れが溜まりやすく不衛生な男というレッテルを貼られてしまうケースも。

いくらイケメンでも、かっこいいモテ服を着ていても、そんな手入れされていない指先や頭髪、顔周りだと一気にテンションは下がってしまうので身だしなみの手入れは念入りに行いましょう。

靴とベルトは同系色でメリハリをつける

ファッションに自信がない人は特に、靴とベルトは同系色を選ぶようにすると失敗を減らせます。靴が黒ならベルトも黒にすることで統一感が出て、コーディネート全体にメリハリが生まれるのです。

メリハリがあると、きちんとした印象を与えることが出来るので、常日頃から意識したいポイントですね。

女性にモテる男性の服装とは

私のこれまでの経験から女性に好まれる男性の服装は、シンプルで、オシャレなワンポイントがある服をスマートに着こなし、清潔感がある男性の傾向にあります。

服装だけでなく、女性は全体像も大切にしているので、整髪料でキレイに整えられた髪型、ヒゲも印象として大切です。

今回の服装の大切なポイントを参考に、ぜひ女性が好印象に感じる、ひとつレベルアップ男性になるきっかけになれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です