カラオケでモテる条件は歌が上手いほか〇〇に女性心はくすぶられる

カラオケでモテる男性とは、一体どんな男性なのでしょうか!?

もちろん、歌が上手いということは、一つのアピールポイントになります。しかし、女性目線から言わせて頂くとカラオケで本当にモテる男性は、歌が上手いこと以外にもモテポイントがあるのです。

そこで今回は、カラオケでモテたい男性に、カラオケでモテるための必勝法を、女性ならではの目線から紹介したいと思います。

カラオケでモテる男性は歌が上手い・ノリが良い・踊れるの3つのどれかを習得している

一般世間の女性のほとんどが理想とするカラオケでモテる男性の基本は、結論からいうと歌が上手いだけでなく、その場にいる人を楽しませることができる男性です。

そのカラオケでモテる3つの重要要素を特徴をひとつづず見ていきましょう。

1.歌が上手いもモテる要素のひとつ
カラオケに行った時に、女性の視線を集める男性。それはズバリ、歌が上手い男性です。
合コンやら飲み会なら、イケメンというだけで、モテるかもしれません。しかし、カラオケとなると、歌を披露する機会が訪れるわけですから、たとえイケメンでも、音痴だとガッカリされてしまうのです。

逆に、ちょっと目立たない男性でも、歌った途端に周りの女子の態度が変わることってありませんか?普段は地味でパッとしない男性でも、歌が上手いとカラオケではモテるのです。

②歌が苦手でもノリの良い男性はモテる
歌が上手くなくても、モテる男性がいます。それは、ノリの良い男性です。音痴でも歌う番が回ってきたら、頑固に断るのはNGです。みんなで盛り上がれる曲をチョイスして、周りを巻き込こんでしまえば、歌の上手い下手に関係なく、場の空気を壊しません。

③ダンスが得意な踊れる男性もモテポイント
歌に自信がなくても踊れる人は、ダンスを披露するというのも一つの方法です。ただし、三代目J Soul Brothersの「R.Y.U.S.E.I.」でお馴染みのランニングマンだけやっても、まずモテないでしょう。どうせなら、「Choo Choo TRAIN」を一曲踊り切ったほうが確実に盛り上がります。

カラオケで女性受けする曲を歌う男性アーティスト5選

カラオケに行って選曲を間違えると、たとえ歌が上手くても、イマイチ女子の心を掴めないことがあります。そこで、女性受けするアーティストを紹介しちゃいます。彼らが歌っている曲を選べば、女性の心を掴むこと間違いなしです!

①Mr.Children

幅広い世代から圧倒的に支持されているのがMr.Childrenです。山P主演のドラマ『コード・ブルー』でお馴染みの「HANABI」は、カラオケでもよく歌われている、人気の曲です。女性からの支持もかなり高いのですが、ミスチルは難易度の高い曲が多いので、歌に自信がない人は避けたほうが無難かもしれません。

②星野源

ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)』の主題歌でお馴染みの「恋」。恋ダンスを真似したり、忘年会で歌われるなど、みんなで盛り上がれる曲です。
他にも、ドラマの主題歌にもなった「SUN」や「Family Song」もよくカラオケで歌われており、星野源の曲は比較的女性受けします。

③RADWIMPS

20代前半までの女性から特に指示されているのがRADWIMPS。映画『君の名は』で主題歌や挿入歌を歌っており、独特な歌詞とリズムが印象的なバンドです。バンド系の曲はノリが良く、カラオケで歌っても無難なものが多いです。

④嵐

ジャニーズというと、避けてしまう男性も多いかもしれませんが、嵐の曲は男女問わず知っている人が多いので、カラオケで歌っても盛り下がることはまずないでしょう。ドラマ『花より男子2(リターンズ)』の主題歌でブレイクした「Love so sweet」をはじめ、デビュー曲の「A・RA・SHI」「Happiness」「GUTS !」など、明るくノリの良い曲が多いので、みんなで盛り上がれます。

⑤秦基博

気になる女性を落としたいのであれば、「ひまわりの約束」をしっとり歌い上げるのもおすすめ。合コンというよりも、これは好きな女性の前で歌いたい男性におすすめしたい曲です。

普段はちょっと落ち着きのない男性でも、いざという時は彼女に良いところを見せたいですよね。彼女に想いを伝えたい時には、ちょっとかっこつけて、切ないバラードを歌いあげてください。

おすすめのアーティストを紹介しましたが、カラオケではあまり偏った選曲も、おすすめできません。たとえば、EXILE系がカッコいいと思っていても、なかには苦手な女性もいます。まずは、いろんな曲をバランス良く織り交ぜながら、女性の好みを探りつつ、曲を選んでみてくださいね。

本当にモテる男性は歌が上手いだけじゃない!カラオケで気を付けるべき大切なポイント

「カラオケが上手い男性はモテる」と思っている人もいるかもしれません。確かにミュージシャンがカッコよく歌い上げているのを見ると、男性でも憧れてしまうでしょう。しかし、一般人が自分の歌に酔いしれている姿は、女性から見てあまりカッコいいとは思えません。

歌さえ上手ければ女性をみんな落とすことができるのかというと、それはまた別の問題です。歌の上手さはあくまで一つの要素であり、歌が上手いというだけで惚れる女性というのも、少ないのではないでしょうか!?

カッコつけすぎ、モノマネ芸人・・・歌い方にも注意して!

角度をつけてマイクをもつ男性
どうしても、カラオケで勝負したいのであれば、わざとらしくアピールするのはおすすめできません。好きなミュージシャンになりきるのも構いませんが、モノマネ芸人みたいになってしまうのはNGです。

たとえば、King & Prince(キンプリ)のシンデレラガールをかっこつけて歌ったとします。しかし、一般人に王子様のようなキラキラ感を出せるでしょうか?女性の中に本気のジャニヲタが混ざっていたとしたら、気分を害すだけかもしれません。

そもそも、カッコつけすぎている男性は注意が必要です。マイクに角度を付けすぎていたり、口をマイクにくっつけていたり。不快に思う女性も少なくありません。ミュージシャンではないので、気合いの入り過ぎた歌い方は、キモいと思われることもあるので、気を付けてください。

最初から、歌で落としてやろうという鼻息の荒さを感じると、狙われた女性も怖いだけです。この辺のさじ加減には、注意してくださいね。

歌が苦手で下手な男性でも気遣いができる男性は好感度大!

歌が苦手な男性でも周りに気遣いができる男性は女性からの好感度も大。女性はなんも歌の上手いヘタだけで判断しているわけではありません。カラオケでモテる男性は、歌い方や歌の選曲以外にも、他の男性とはちょっと違う点があります。

①みんなで盛り上がろうとする男性

大人数でカラオケに行くのであれば、一人だけマイクを握らず、みんなで盛り上がろうという気持ちが大事です。その場にいる全員が楽しめれば、自然と良い雰囲気が作られますので、一緒にいる女の子たちもノッてきてくれるはずです。

②細かい気遣いができる男性

空いているグラスがあれば、サッとメニューを差し出したり、次に歌う人にマイクを渡すなど、細かいところまで気遣える男性は、かなりポイントが上がります。また、フロントからの電話に出たり、注文したドリンクを店員さんから受け取って配るなど、よく働いてくれる男性も気が利いて好印象です。

③歌いたくないという女性のフォローもできる男性

女性の中には音痴だから歌いたくないという人にもいるかもしれません。そんな時は一緒に歌ってあげたりすると、女性から頼りになる男性と思われます。

④紳士的な態度ができる男性

雰囲気作りの一環として気を付けて頂きたいのが、無理矢理お酒を飲ませたり、わざと終電を逃させるなど、下心見え見えの行動は慎みましょう。本気でモテたいのであれば、紳士的な行動を心がけてください。

⑤自然に距離が近付くことで、キュンとする女性も!?

部屋の中は煩いので、話をしていても声が届かないことってありますよね?そんな時、ちょっと顔を近付けて耳元で話されると、なんとも思ってなかった男性にもちょっとときめいてしまったり。自然と距離が近付くことで、キュンとしてしまう女性もいます。

しかし、わかりやすく下心を出せば、引かれる可能性が高くなります。また、女性が元からキモいと思っている男性には、一定の距離を保ってほしいものです。その辺りはご自身が一番わかっていると思うので、相手の女性を選んだ上で行動してください。

⑥連絡先の交換はタイミングを見計らって!

合コンの二次会ともなると、せっせと連絡先交換のために動き出す男性もいますが、歌う番が回ってこないタイミングを見計らって、交換するのがおすすめです。連絡先を交換している最中にタイミング悪く歌う番が回ってくると、中途半端に話が終わり、連絡先が交換できないことも。曲が終わってからしつこくトライしても構いませんが、なんだか要領悪いイメージがつきまとうでしょう。

本当にいるの!?わたしが経験した信じられないほどドン引きした最低なカラオケ男

稀にいる、カラオケが好き過ぎる男性。
以前、合コンの2次会でカラオケに行くことになったのですが、一人、カラオケ好きと豪語する男性がいました。
歌が上手かったり、盛り上げ上手なら、ウェルカムなのですが、まさかの自分一人だけが歌い続けるという、あり得ない展開に。

徐々にカラオケ男のソロコンサートが始まる。。

カラオケを独り占めする男性
はじめのうちは、みんな遠慮があったので、その男性が率先して歌ってくれたのは良しとします。ただし、最初の一周くらいはせめて全員交代で、一人一曲づつ歌っても良いのかなと思っていました。

カラオケ好きの男性が歌い終わった後に、別の男性が曲を入れました。
問題はその後です。カラオケ好きの男性が自分の曲を歌い終わると、間髪入れず、また自分が歌う曲を入れたのです。カラオケ好きの男性とそれ以外の人が交互に歌う形で進んでいきましたが、徐々にカラオケ好きの男性の歌が続きます。途中からは、カラオケ好き男性のソロコンサートです。

カラオケ好き男性が私にかけた言葉とは!?

男性の発言にキレる女性
飽きてきた私は終電を理由に抜け出すことを決意したのですが、「こんな早い時間に終電って、どこに住んでるんだよ」とカラオケ男性から一言。返す言葉もありませんでした。

結局、彼は一晩歌い続け、ギャラリーはぐったりしていたそうです。あとで幹事から、二次会のお金は男性陣に払わせたという報告を頂きましたが、カラオケはやはりみんなで楽しむべきものだと思いました。

みんなが盛り上がれる曲ならまだしも、バラード連発や一般的に知られていない曲も歌われると、退屈極まりないです。「なんて苦痛な時間なんだろう」という記憶しか残りませんでした。

カラオケで女性が「キュン!」とくる好感度の高い男性は気遣い上手

カラオケでモテる男性というのは、歌が上手いだけではありません。女性にも気持ちよく歌ってもらえるような雰囲気を作ったり、ちょっとした気遣いを見せることが好感度UPに繋がります。

どんなに歌がうまい方でも、ひとり舞台で歌い続けてると逆効果にも。。女性にモテるためだけに行動するよりも、みんなが楽しめるよう努力している男性に、自然と惚れてしまう女性が現れます。

下手な計算よりも、まずはみんなでカラオケを楽しむことを忘れないでくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です